ヤボタス奇想舎

テーマも無く好き勝手に描きたいというブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

好きなものこそにわか解説者



・・・・・・いや、まいったね!


今日は国が国なら祝日になるレベルの日だったんですけどねぇ。

 正直試合前の下馬評ではあまり期待できるものではありませんでしたが
今になって思い返してみると前半開始早々のオフサイドのシーン、
得点こそなりませんでしたがゴールネットを揺らしたという部分においては
高い位置からの速攻と裏をとるプレーは有効であることを示していたといえましょう。
しかし相手の左サイドからの駆け上がりに対して後手に回ってしまい
本来前線に上がるべき選手が守備へ向かわなければならなくなってしまったのは
体力的に消耗させられ結果としてPKに繋がってしまったのは
そういう意味では仕方ないのかなと。
ただ形はどうであれ失点してしまうのは織り込み済みだったためか
その後プレーが崩れることなく終えることができたのは劣勢ながらも
良かったのでしょう(アディショナルタイムのオフサイドゴールはかなり怖かったですが)

 後半からのチーム全体の立て直しかたは非常に素晴らしかったですね。
攻撃的な選手の投入とフォーメーションの変更で前半上手く機能できなかった
ハイプレスを仕掛けられるようになったことと、
相手チームが戦力の温存のためか脅威となっていた選手を交代したために
やや攻撃の展開が控えめになったことで
相対的に有利な状況を作りやすくなったとも言えます。
後半から投入とされたフレッシュな選手が中に切れ込んでいける
技術力をもっていたことと、シュートで終わらせようと積極的に
前に出たことによって相手チームに守備の乱れがでてきた結果
同点ゴールのシーンですね、
あの場面中への切れ込みがすごかったし、そこからパスをもらって
シュートにいったことでキーパーは対応せざるを得なくなる、
つまり動きを止められたのでこぼれ球を決めることができたのでしょう。

それに対して2点目はロングフィードからの抜けだし方、足元へ収めるトラップ、
そしてニアサイドの角度がなく並のコースならキーパーに塞がれるところを
ここしかないという位置に突き刺した逆転のゴール、
これ普通のリーグ戦とかなら決められたら仕方ないとも割り切れますが
この試合この場面でいうなら相手にとって絶望しかない
それぐらい奇跡的なタイミングと技術力をもった得点と言えますね。
ただ、それまでも何本かシュートまで持ち込んでいる部分とか見れば
とにかく得点を狙う貪欲さが効を奏したともとれます。

戦前のアナリストの分析でも決して勝てない訳ではないものの、
勝つための条件やハードルは高かった。
しかしその条件を確実にクリアできたことが歴史的な勝利に繋がったんですねー。



・・・・・・「どうして勝てたの?」と聞かれたら
許されるならここまでしゃべりたいですけど、
そこまでのコメントは求められていないので
かいつまんでかいつまんで
「フォーメーション変えて攻撃的にしたから良かった」
と言いました。

同じようにサッカー観戦趣味の人には
「今日は祝日ですね」だけで伝わりますからね。
多くは語る必要はないんです。




・・・アオいいよね・・・・・・。

| 雑記 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yabotass.blog38.fc2.com/tb.php/828-22f0c22f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT